課題研究実績

課題研究実績表

助成対象
年度
所属 氏名 研究題名 助成金額
(千円/2年間)
1983

1984
長岡技術科学大学 教授 中村正久 Al-Li合金の高温強度に関する研究 10,000
1984

1985
九州大学 教授 根本 実 高濃度Al-Li合金の強度と靭性の改良に関する研究 9,700
1985

1986
京都大学 教授 長村光造 高強度高靭性アルミニウム合金の設計と微細組織制御に関する研究 9,770
1986

1987
九州大学 教授 吉永日出男 アルミニウムとその合金の変形応力の予測に関する研究 9,600
1987

1988
東京大学 助教授 菅野幹宏 極低温用高強度高靭性アルミニウム合金の開発に関する研究 9,600
1988

1989
東北大学 助手 藤川辰一郎 気相急冷法で作製した非平衡新Al合金に関する研究 10,000
1989

1990
大阪大学 教授 松田福久 アルミニウム材料の厚膜表面硬化改質技術の開発研究 9,500
1990

1991
東北大学 教授 井上明久 150㎏/mm2 級の超高張力アルミニウム基合金の開発 10,000
1991

1992
東北大学 助手 宝野和博 高強度実用アルミニウム合金の微細組織の位置敏感型アトムブローブによる解析 10,000
1992

1993
大阪大学 助教授 佐治重興 メカニカルアロイングによるAl-Ti及びAl-Zr系非平衡相の生成と粉末の高圧力・低温固化 10,000
東京大学 助教授 香川 豊 溶解アルミニウム合金の指向性酸化による高性能Al2O3/Al系複合材料の開発 10,000
1993

1994
富山大学 助教授 松木賢司 急冷凝固アルミニウム合金粉末のミクロ組織制御と高速超塑性固化成形による高耐熱高靭性・高耐摩耗性合金の製造法の開発 10,000
1995

1996
日本大学 教授 金子純一 アルミニウム基メカニカルアロイング材料における固相反応を応用したナノ粒子分散複合材料の創製 10,000
1997

1998
長岡技術科学大学 助教授 伊藤吾朗 高集積回路配線用高性能アルミニウム合金の開発 9,980
1999

2000
九州大学 助教授 堀田善治 ECAP法による超微細粒アルミニウム合金の開発 10,000
2001

2002
宇都宮大学 助教授 高山善匡 連続繰り返し曲げ加工による結晶方位制御・高疲労強度板材の創製 10,000
2003

2004
東京工業大学 助教授 熊井真次 循環型アルミニウム材料の創製-凝固プロセスの開発と力学的特性の向上- 10,000
2005

2006
電気通信大学 助教授 三浦博己 超微細粒マグネシウム合金の創製と高機能化に関する研究 10,000
2007

2008
熊本大学 教授 河村能人 長周期積層構造型高強度マグネシウム合金の強化機構 10,000
2009

2010
広島大学 教授 佐々木 元 高熱・高電気伝導性アルミニウム基複合材料の開発とプロセス制御 10,000
2011

2012
名古屋工業大学 教授 渡辺義見 界面エネルギーを考慮した新規微細粒鋳造材の開発 10,000
2013

2014
大阪大学 准教授 堀川敬太郎 高ひずみ速度加工プロセスによるアルミニウム合金の力学および耐水素脆化特性の改善 10,000
2015

2016
北海道大学 准教授 菊地竜也 表面ナノ構造に基づく新規機能性アルミニウム材料の開発 10,000
2017

2018
物質・材料研究機構 主幹 研究員 瀬川浩代 交流陽極酸化による高機械特性を有する光沢アルミナ皮膜のアルミニウム材料への形成 10,000
首都大学東京 教授 北薗幸一 マクロ・ミクロスケールのセル形態最適化により軽量性と衝撃吸収性を両立させたポーラスアルミニウム合金の開発 9,000
横浜国立大学 教授 廣澤渉一 アルミニウムの高剛性化を図る合金設計および熱処理方案の構築 10,000
2019

2020
群馬大学 教授 半谷禎彦 発泡中のソフトプレス加工による発泡アルミニウムの形状付与 10,000
東京工業大学 准教授 村石信二 転位強化と析出強化を両立したアルミニウム合金の高強度化プロセスとマイクロメカニクス解析 10,000
名古屋大学 准教授 高田尚記 耐用温度300℃を実現する鋳造アルミニウム基超合金の設計と組織形態制御 10,000
大阪産業技術研究所 主任研究員 木村貴広 レーザ積層造形法による金属間化合物分散型耐熱アルミニウム合金の創製 10,000