ヒストリー

軽金属奨学会60年史の年表

沿革

1955年 1月
東洋アルミニウム株式会社の創立25周年記念事業の一環として、当時同社大株主であったアルキャン・アルミニウム・リミテッドの全面協力のもと財団法人軽金属奨学会を設立
財団創設者 初代理事長 小山田裕吉 氏
1955年

教育研究資金、研究補助金の2事業からスタート

1956年

奨学金を新設(1995年募集休止、2018年再開)

1957年

留学補助金を新設(1983年に海外交流補助金)

1959年

研究設備購入を新設(1972年終了)

1960年

図書購入費を新設(1972年に軽金属関係文献の寄贈)

1961年

研究試料の提供を新設

1962年

研究成果の発表-出版刊行を新設

1966年

小山田記念賞スタート(1968年に表彰)

1968年

表彰を新設(小山田記念賞を吸収)

1970年 5月

創立15周年記念式典(京都大学楽友会館)

1972年

軽金属関係文献の寄贈を新設(図書購入費を吸収)

1979年

グループ研究を新設(1993年募集終了)

1980年11月

創立25周年記念式典(日本工業クラブ)

根本理事長挨拶
堀内宇宙科学研究所教授講演
1982年

研究成果の発表-研究成果発表会を新設

1983年

課題研究を新設(1993年から隔年募集)

1983年

海外交流補助金を新設(留学補助金を吸収)

1984年

シンポジウム等助成を新設

1997年

軽金属フォーラムを新設(2006年終了)

2005年

研究成果の発表-ホームページ上での研究成果発表を新設

2005年 9月

創立50周年記念式典、記念講演会(大阪、難波)

2007年

統合的先端研究を新設(隔年募集)

2010年

公益財団への移行認可

2012年

ロゴマーク制定

2015年 4月

創立60周年記念式典、記念講演会(大阪、難波)

2018年

奨学金を再開