課題研究

2019年度 「課題研究」応募要領

2019年度の募集は終了致しました。

1

本事業の概要と目的

従来の軽金属材料のもつ特性を凌駕する高性能、新機能、あるいは省エネルギー性、省資源性を高めた環境にやさしい軽金属材料の開発、研究に対して、斬新にして独創的な研究計画をもって意欲的に挑戦しようとする若手研究者に資金を交付する。
 (昭和58年新設、平成7年度からは隔年募集)

2

応募資格

日本の大学、高専又は公的研究機関に所属する教職員又はそれに準ずる者

3

交付対象

高性能軽金属材料の開発に関する下記3.の特定課題に対し、斬新にして独創的な研究計画をもって意欲的に挑戦しようとする研究者を対象とする。
従って、試行的冒険的要素大なるも可。なお、若手研究者(50歳未満、40歳前半を歓迎)個人を中心とした研究組織であること(多数の研究機関を含む研究グループ的な組織でないこと)。

4

特定課題の主旨

従来の軽金属材料のもつ特性を凌駕する高性能、新機能あるいは省エネルギ-性、省資源性を高めた環境にやさしい軽金属材料の開発を指向する研究で、機械的、物理的あるいは化学的性質等の特性の 一つまたはその組合せにより、現在の特性を大きく越えることを目指すもので、精錬・加工・複合化・表面処理などにおける斬新なプロセス技術の研究も含まれる。
軽金属を対象とする以外は特に制限はないが、申込の際、研究の特色を具体的に明示できるもの。

5

研究期間

原則として2年

6

採用件数

若干名

7

助成金額

1,000万円を限度とする。ただし、単年度500万円以内。
尚、応募者が所属する組織の間接経費、一般管理費(所謂オーバーヘッド)は助成の対象になりません。

8

申込方法

1. 申込者 研究者本人、共同研究の場合は研究代表者
2. 申込方法 当会助成申請受付フォームより申し込む。
詳しい申込方法はこちら

3. 申込期限 及び 決定通知時期

 
2019年5月31日まで (2019年8月)

9

選考

当会の選考委員会によって選考を行い、理事会において決定する。

10

助成金の交付

本研究の助成金は原則として研究者の所属する機関に経理を委任し、経理報告は当人から受けるものとする。

11

研究報告

  1. 研究期間終了次第、研究成果報告書を作成し、当会へ提出するものとする。
    (当該報告書は、後日当会によって印刷・配布し、当会HPに公開する。)
  2. 研究内容について学会等権威ある機関誌に公表したときは、その英文アブストラクトを当会へ提出するものとする。
  3. 当会の主催する課題研究成果発表会において、本研究成果を発表するものとする。

12

過去2回の採択 研究テーマ等(参考) 

当会ホームページ(助成実績)を参照。