奨学生インタビュー

私が所属している材料組織学研究グループは、教員合わせて15名で活動しています。女性は私1人だけですが、毎日気兼ねなく和気あいあいと実験やディスカッションを行っています。本研究室では、Al合金の変形挙動、Mg合金のすべり系に関する研究などを、放射光測定などを用いて行っています。

奨学生応募の動機は?

学部・修士の頃から様々な学会に参加する機会があり、そのたびに最先端の研究をされている多くの研究者たちに感銘を受け、強い憧れがありました。そして、自身の研究をさらに深め、発展させたいという思いが生まれました。とは言え、「絶対に博士課程に進学したい!」という思いよりも、今の自分の研究やプレゼン力がどこまで通用するのか、理事の方々に審査していただける希少な機会が貴重な経験になると考え、全力で挑んでみようと思ったのが応募のきっかけです。
博士課程に進学した今、困難なことは多々ありますが、先生や奨学会からの支えにより、想像していたよりもずっと充実した研究生活を過ごしています。私が目指す「熱意を持ち続け行動的でありつつも謙虚な研究者」に少しでも近づけるよう、”学ぶ楽しさ” を大切にしながら、日々邁進しています。そして将来、女性が今以上に研究職で輝ける環境づくりに貢献できればと思っています。

研究内容を教えてください。

Al合金中に形成されるナノクラスタの研究を行っています。
例えば、Al-Mg-Si合金は時効硬化能を有する一方で、複雑な二段時効挙動を示すことが知られています。この原因として、溶体化処理後の予備時効中に形成されるナノクラスタが二段時効に及ぼす影響が示唆されています。しかし、ナノクラスタの具体的な構造や形成過程などの詳細は未解明な部分が多いのが現状です。また、Al-Mg-Si合金にSn, Agなどを微量添加(マイクロアロイング)することで、二段時効挙動が大きく変化することが報告されていますが、マイクロアロイング元素がナノクラスタ形成に与える直接的な影響は十分に明らかになっていません。そこで私たちは、大型放射光施設 SPring-8 にてXAFS測定を行い、第一原理計算を用いて様々なクラスタモデルを評価することで、過去に例を見ない元素選択制を有したナノクラスタ解析に取り組んでいます。